教室沿革

昭和21年6月22日 青森医学専門学校レントゲン科教授として高橋信次が発令
昭和23年5月 青森医専から弘前医科大学放射線科へと改組
昭和26年4月 弘前大学医学部放射線医学講座が設置
昭和27年4月 中央レントゲン室の設置
昭和29年7月 高橋信次、名古屋大学教授として赴任(昭和32年7月まで兼任)
昭和33年10月 篠崎達世、教授に就任
昭和41年 中央レントゲン室から中央放射線診療室へ改称
昭和45年 中央放射線診療室から中央放射線診療部へ改称
昭和62年6月 竹川鉦一、教授に就任
平成8年4月 阿部由直、教授に就任
平成11年12年 中央診療棟の完成と放射線部への改称
平成16年4月 国立大学法人弘前大学医学部設置
平成22年5月 髙井良尋、教授に就任
平成29年7月 青木昌彦、教授に就任
平成30年1月 弘前大学大学院医学研究科放射線腫瘍学講座および放射線診断学講座が設置
(青木昌彦、放射線腫瘍学講座教授)
令和元年7月 掛田伸吾、放射線診断学講座教授に就任

X線回転横断撮影装置

歴代の教授

初代教授 高橋 信次

初代教授:高橋信次

第2代教授:篠崎達世

第2代教授:篠崎達世

第3代教授:竹川鉦一

第3代教授:竹川鉦一

第4代教授:阿部由直

第4代教授:阿部由直

第5代教授:髙井良尋

第5代教授:髙井良尋

放射線腫瘍学講座教授:青木昌彦

放射線腫瘍学講座教授:青木昌彦

放射線診断学講座教授:掛田伸吾

放射線診断学講座教授:掛田伸吾